スポーツドクター

バレーボール バレーボール

各先生の紹介
筑波大学 医学医療系整形外科 西野衆文先生
筑波大学男女バレーボール部(関東大学1部リーグ)
つくばユナイテッドサンガイア(VリーグDivision2男子)
バレーボール男子ナショナルチーム

筑波大学大学院・国立スポーツ科学センター 西田雄亮先生
つくばユナイテッドサンガイア(VリーグDivision2男子)

後期研修医
工藤考将
米田夏雄
活動報告
2019年度活動
西田雄亮 2019/20Vチャレンジリーグ(全国各地)帯同
西野衆文 バレーボールネーションズリーグ(セルビア)帯同
西野衆文 男子アジア選手権(イラン)帯同
西野衆文 ワールドカップ(日本)帯同
詳細

つくばには関東大学1部リーグに所属する筑波大学男女バレーボール部、Vリーグの2部にあたるVリーグDivision 2のつくばユナイテッドサンガイア(男子)があります。大学生は男女とも日本一を、サンガイアはDivision1(1部)昇格を目指して研鑽を積んでいます。そのようなレベルの高い選手たちと関わることで、普段からバレーボールによる傷害を数多く経験させてもらっています。

チームドクターとしての活動は病院での選手のけがへの対応はもちろん、練習見学、試合への帯同などを行っています。昨年度は西田先生がつくばユナイテッドサンガイアに主に帯同し、チームドクターとして年間を通じて活動しました。西野先生は普段は大学生チームを裏方として支えており、彼らの好成績を後押ししています。後期研修医の工藤先生、米田先生も加わり、これから益々充実したサポートをしていくつもりです。

西野先生と西田先生は日本バレーボール協会のハイパフォーマンスサポート委員会メディカルユニットにも所属しています。西野先生は同ユニットの副ユニット長で、バレーボール男子日本代表チームのチーフチームドクターを務めています。昨年はTOKYO2020を目指すチームに帯同しました。残念ながら新型コロナウイルス蔓延のため延期となってしまいましたが、今後もチームに少しでも貢献できるようにサポートを続けていきます。また、西田先生は国立スポーツ科学センターで契約研究員として勤務しており、恵まれた環境を活かしてナショナルチーム選手をサポートしています。

現場では時に非常に難しい判断が求められる場合があります。そんな時は他のスポーツでドクターとして活躍する先輩や同僚の先生に相談することで問題が解決することも少なくありません。このようなネットワークこそわれわれ筑波大学整形外科の最大の強みです。

チームドクターとしてもわれわれ整形外科の先輩、後輩が多くの現場にでていることで色々と教えてもらうことや、助けてもらうことも多々あります。また、選手やスタッフとしても多くの関係者がいるため現場でも非常に心強く思っています。

一覧へ戻る

後期研修を終えて

お問い合わせ

筑波大学整形外科

筑波大学