筑波大学整形外科の肩関節外科グループを紹介しております。スポーツ医学・機能再建を中心とした幅広い研究を行っています。

診療グループ

肩関節外科

「肩痛からの解放」を目指して日々の診療に取り組んでおります。
肩の痛みでお困りの方は一度ご相談ください。

  1. 主に下記の疾患に対して保存的加療(注射・リハビリなど)、手術加療(関節鏡・直視下)を行なっております。
    ・腱板断裂  ・反復性肩関節脱臼  ・変形性肩関節症
    ・凍結肩(通称「五十肩」)  ・投球障害肩  ・肩甲上神経麻痺  ・胸郭出口症候群

腱板断裂関節鏡下手術・・・アンカーによる固定
  

 

反復性肩関節脱臼手術(鏡視下バンカート法)

    
                関節窩の縁へのアンカー挿入

 

 

腱板断裂アンカー(吸収性)例 (smith & Nephew社)

脱臼アンカー(糸性)例 (Arthrex社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変形性肩関節症に対する人工関節

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢を理由に受診をためらわれる患者さまが多いですが、腱板断裂や変形性関節症などは高齢者に多い疾患です。80歳を超えて手術を受けられた患者さまも多くいらっしゃいます。

「歳のせい」にせず、一緒に最善の方法を模索しましょう!

 

大西病院講師
外来診療:筑波大学附属病院・取手北相馬保健医療センター医師会病院・キッコーマン総合病院・水戸協同病院・いちはら病院・西部メディカルセンター病院にて肩専門外来を行なっております。

執刀件数

 

腱板断裂

反復性脱臼

(烏口突起移行)

人工関節

(再置換)

肩甲上神経麻痺(ガングリオン)

胸郭出口

2019年

94

32(2)

32(2)

1

2

12

173

2018年

55

9(2)

6

1

3

4

78

2017年

97

20(9)

 

2

 

11

130

※2018年は6ヶ月間 国内・海外留学

大学院生

準備中です

Back