筑波大学整形外科の股関節外科グループを紹介しております。スポーツ医学・機能再建を中心とした幅広い研究を行っています。

診療グループ

股関節外科

股関節はからだ(体幹)とあし(下肢)を連結する重要な関節で、歩行などで非常に大きな力がかかります。われわれ股関節外科グループでは筑波大学整形外科設立時から多くの患者様の診療を通じて治療のノウハウを培ってきました。
成人の股関節の病気は主なものでは変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死などがあげられます。日本人では幼小児期からの発育性股関節形成不全症(先天性股関節脱臼)、先天性臼蓋形成不全、ペルテス病、大腿骨頭すべり症などのさまざまな疾患を基礎に持つ患者様も多く、そのような場合は小児グループと連携して治療を行っています。また、近年比較的若年の患者様では股関節唇損傷や大腿骨寛骨臼衝突症などが注目されており、高齢者では骨粗鬆症に起因する骨頭軟骨下骨折なども時にみられます。
多くの方が筋力強化やストレッチなどの保存療法の適応になりますが中には手術が必要な方もいらっしゃいます。最も患者数の多い変形性股関節症などにより股関節の機能が著しく低下した患者様には人工股関節全置換術を行っています。その技術は日進月歩していますが、当院では個々の患者様に合わせて手術方法などを工夫しています。近年、周囲の施設などから再置換術(2回目以降の手術)が必要な症例を紹介していただくことも多く、人工関節再置換手術も行っています。このような症例では骨が溶けてなくなっていることが多く、自分の骨だけでは治療が難しい場合が少なくありません。そのような場合には院内骨銀行(ボーンバンク)を利用した同種骨移植術も併用して行っています。
寛骨臼(臼蓋)形成不全症に対しては寛骨臼回転骨切り術を行っています。また、大腿骨頭壊死症には再生医療である自家骨髄血移植術を行っています。
その他、股関節外科に関わる様々な治療や研究などを行っています。詳細はつくば股関節の部屋のHPをご覧ください。
医学生ならびに研修医の先生には当院では人工股関節置換術を中心に多彩な多くの症例を経験できますので、是非とも一度見学に来ていただければと思います。

大学院生

竹橋 広典

略歴

平成21年 富山大学医学部卒業

資格

日本整形外科学会専門医

所属学会

日本股関節学会 所属
日本人工関節学会 所属

Back