筑波大学整形外科スポーツ医学・整形外科志望の後期研修生募集中!

スタッフ紹介

スポーツ医学グループ 小児整形外科・スポーツ医学

講師 鎌田 浩史
(小児整形外科・スポーツ医学)

筑波大学医学専門学群卒業 博士(医学)(筑波大学)
日本整形外科学会整形外科専門医
日本体育協会スポーツドクター
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定スポーツ医

【特徴的な手術】

小児股関節手術

【手術実績】
先天性股関節脱臼整復術
遺残性股関節脱臼骨切り術

先天性股関節脱臼は小児整形における代表的な疾患であります。先人たちの努力により新生児検診における整形外科的検査が普及し、早期発見、早期治療が徐々に浸透しました。重症例など治療に難渋する症例も数多く認められます。筑波大学、早い時期よりMRI導入し、そのほか関節造影などの補助検査などとともに、観血的整復、骨切りなどの手術の必要性を十分に吟味しています。また小児時期、特に発育期という大事な時期に発生する運動器障害に対するメディカルチェックなどを検討し、運動器疾患の早期発見、早期治療プロジェクトを進行中です。

小児整形・スポーツ医学

 小児整形外科疾患は生涯の機能障害へと結び付く可能性があり、適切な治療を必要とします。筑波大学整形外科では小児疾患の治療にも取り組んでいます。代表的な疾患として、先天性股関節脱臼、ペルテス病、先天性内反足や脳性麻痺等があげられます。更に小児期のスポーツ障害等についても介入を行っております。

1. 先天性股関節脱臼

ほとんどの症例ではリーメンビューゲル装具が第一選択となりますが、年齢が大きい場合や整復困難例では徒手整復術、観血的整復術が行われます。筑波大学では整復障害因子の一つである関節唇に対して、MRIにて3次元的な評価を試みています(図1)。また、遺残性亜脱臼や臼蓋形成不全に対しては、将来の変形性股関節症を防ぐ目的で骨盤骨切り術(図2)が行われます。その手術適応に関してもMRIによる軟骨性臼蓋(図3)に着目し、良好な軟骨性臼蓋が認められる症例に関しては手術の必要性を慎重に吟味しています。

2. ペルテス病

ペルテス病は小児期に生じる大腿骨頭壊死ですが、自己修復能を持つことが大人と異なる点です。X線により、初期、分裂期、修復期、残余期に分類され、発症から4-5年の経過をたどり修復されます。しかし、放置すると修復後も骨頭変形や臼蓋形成不全を生じることがあるため治療を必要とします。大腿骨頭が正常な球形に修復されるためには、装具により股関節を外転位に保持し、臼蓋を鋳型として大腿骨頭をその鋳型のなかに保つ(containment)ことが重要となります。当院では、自己修復能に期待して、保存療法である装具療法とリハビリを主体に治療を行っています。

3. 小児の運動機能障害、スポーツ障害

現在の児童を取り巻く環境は、学童期の体力低下、生活習慣の乱れ、栄養のかたよりなどによる小児の運動機能低下と、限られた運動への集中による運動器への負荷の増加に伴い運動器発育を障害する可能性が高いものとなっています。筑波大学では2008年より、発育期という大事な時期に発生する運動器障害に対するメデイカルチェックをつくば市内の小学校で行っています。重症ではありませんが運動器障害の所見のある児童は6-8%におよびます。小児期の病態が生涯の健康状態に影響を及ぼす可能性もあるため、運動器疾患の早期発見、早期治療が重要であり現在も本プロジェクトを継続しています。

関節唇の3DMRIよる評価 図1:関節唇の3DMRIよる評価

臼蓋形成不全による補正手術
図2:臼蓋形成不全による補正手術

軟骨性臼蓋の評価
図3:軟骨性臼蓋の評価

セミナー情報一覧

研修医学生の方へ

筑波大学整形外科 後期研修説明会

筑波スポーツ医学セミナー

一般社団法人 整形外科ネットワーク筑波

筑波大学附属病院 水戸地域医療教育センター

筑波大学整形外科 公式Facebook