筑波大学整形外科スポーツ医学・整形外科志望の後期研修生募集中!

スタッフ紹介

スポーツ医学グループ 膝関節外科・スポーツ医学

講師/医局長 金森 章浩
(膝関節外科・スポーツ医学)

筑波大学医学専門学群卒業 博士(医学)(筑波大学)
日本整形外科学会専門医
日本体育協会スポーツドクター
日本オリンピック協会強化スタッフ(医・科学)
日本膝関節学会評議委員

【手術実績】
2009年度
人工膝関節置換術 34件
人工膝関節再置換術 3件
靱帯再建術(十字靱帯・側副靱帯) 19件

http://www.taiiku.tsukuba.ac.jp/sportsmed/03.html

スポーツ傷害に対してはコンディショニング作りが大切ですが、重症例に対しては関節鏡を用いて靱帯再建術や半月板の手術を行います。競技レヘルの高い選 手については術後リハビリテーションを体育科学系スポーツクリニックと連携し、早期競技復帰を目標にサポートしていきます。関節リウマチや高齢者の変形性 膝関節症に対しては保存治療を第一に考えますが、これが充分に有効でない場合には手術治療を選択します。 人工関節置換手術は最小侵襲手技を用いることで従来の半分程度の手術創ですむような工夫もしています。

筑波大学附属病院で行っている 変形性膝関節症などに対する治療

 変形性膝関節症に罹患している患者数は現在国内で1,000万人以上といわれています。
今後の高齢化社会に於いて、いかに痛み無く機能的な膝を獲得するかということは重要です。
内服・筋力トレーニングや物理療法などによる保存療法で改善が見られない場合、変形性膝関節症による膝の痛みに対する治療として、下記の手術が検討されます。

1. 人工膝関節全置換術(TKA)Total Knee Arthroplasty

一般病院でも幅広く行われておりますが、大学病院では新しい機械や設備(ナビゲーション等)の臨床応用などを含めた手術が多くなります。

ナビゲーションを用いた手術
ナビゲーションを用いた手術

TKA
TKA

2. 単顆型人工膝関節(UKA)Unicompartmental Knee Arthroplasty
3. 高位脛骨骨切り術(HTO)

膝に関する知識や経験が必要な手術であり 大学病院を中心に膝グループの医師が主導で行っております。

UKA
UKA

HTO
HTO

UKAやHTOは手術の傷や全体の侵襲が小さい為限局した病変には有用な手術です。

4. 鏡視下滑膜切除、鏡視下ドリリング、骨軟骨柱移植

これら関節鏡による手術は低侵襲の為 競技に早期復帰する必要のあるアスリートや活動性の高い方の為の手術で、半月板縫合術や靱帯再建術などと組み合わせた複雑な症例を大学病院で行っております。

MRIで評価(骨壊死)
MRIで評価(骨壊死)

関節鏡にて病変を確認
関節鏡にて病変を確認

病巣部を掻破し、非荷重部から骨軟骨柱を移植
病巣部を掻破し、非荷重部から骨軟骨柱を移植

整形外科 後期研修医募集

後期研修カリキュラム

セミナー情報一覧

一般社団法人整形外科ネットワーク筑波

筑波大学附属病院のご案内

筑波大学整形外科 公式Facebook